今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
CAD

CADの買取

CAD買取

CADとは?

CADとは?

CADはコンピューター支援設計とはComputer-aided designの略で、コンピューターを利用して設計したり、それを行なう設計支援ツールのことをいいます。
今まで人の手で行なっていた設計作業をコンピューターで行い、正確さや高率を高める目的から作られました。

CADができる前は製図や設計、図面作成にとても時間がかかり、正確に処理することが困難でした。
CADができてからは編集データ化、ソフト間の互換性なども簡単になりました。
大きく分けて汎用型と専用型がありますが、汎用型は細かく描くことを目標として使用されますが、積算まで単独ではできません
その反面専用型は省力化と迅速化を目的として作られました。

そのデータを利用するためにCAMやCATなどを、強度や振動を解析するためにCAEなども開発されて、情報処理システムと融合してシステムが作られました。

CADにより繰り返し図形のコピーができたり効率的作業が可能で、類似図面の作成も即時に行なえます。
コンピュータに保存されたデータを元に作成すれば、正確でミスのない図面作成も可能になり、ひとつひとつ手で計算する手間省くことができるでしょう。
完成したデータの出力もプロッターですぐに行なえるので、とても便利ですよね。

現在まであらゆるCADのソフトが販売されて来ましたが、毎年バージョンアップされてきました。
そのソフトの高額ライセンス料により小さな設計会社や個人の事務所では負担になっているかもしれません。
だといってバージョンアップをしなければサポートされなかったり、これ以上使用できなくなったりなどの問題が起こってくるはずです。

同じCADといっても機械用、建築用、建築設備用、土木用、電気用、半導体分野、服飾デザイン用など様々な種類があります。
システムCADの場合は簡単な操作で建具、床、壁などすぐに作成することができるので、部屋の大きさや家のサイズなど設定して設計が完成します。
あらゆる分野で幅広く使用されているCADは、さらに使いやすく正確で便利なように改善されていくことでしょう。

CADを高価買取してもらうポイント

CADを高価買取してもらうためには、元箱に入っていて説明書なども揃っている場合には、査定アップの可能性が高いでしょう。
買取を望まれる場合にはディスクキズ汚れなどないか、動作不良はないかなどきちんと確かめて下さい。
また同じ会社から新しいバージョンが発売されている場合には、他の製品よりも査定額が下がる可能性がありますので、よろしくお願いします。

CADを買取したお客様の体験談

CADを買取したお客様の体験談

私は建築系の専門学校時代に設計のためにCADソフトを購入しました。その際は毎日のように図面と睨めっこの日々でしたが卒業してからは、予想外に全く別の異業種に就職することになったため、学生時代あれだけ使用していたCADは一切使用しませんでした。意外なことに私のまわりには、そのような友人が何人か居て、その中の1人がCADをリサイクルショップに売ったということを話していたので、私もリサイクルショップ売ることにしました。

持っていても一切使いませんし、それならお金にしたほうが良いと思いましたので。しかし、どうせ売るのであればリサイクルショップよりも専門店のほうが絶対にいいと思い今回こちらに依頼させていただきました。予想や期待通りで、友人よりもはるかに高い金額買取ってくださりすごく嬉しかったです。専門店に依頼して良かったです。

適切で確かな目を持っている知識人の店員さんで対応も親切で優しかったです。自分の使用していたものがたとえ不要なものだとしても認めてもらえて高値がつくのは、やはり何だかんだ嬉しいですね。他の友人にも、ここのお店を教えてあげようと思います。

代表的な製品

オートデスク株式会社 AutoCAD LT 2017  コマーシャルニューシングルユーザーELD

CADソフトとしてグローバルに名前の知られているCADソフトです2次元・3次元の建築製作が可能です。

エーアンドエー株式会社 VectorWorks

マッキントッシュユーザー用に開発されたCADソフトで現在でもマックユーザから多く使用されている人気のCADソフトです。
レンダリング機能もあり、外観など広いエリアで使う事ができます。また外観だけではなくインテリアにも使えるソフトです。

付属品やオプション品

CADソフトはコンピューター用のソフトですので付属品やオプション品はありません。

CADの使い方

CADの使い方

CADを購入して使用する場合には、コンピューターに挿入してソフトをダウンロードさせてから、ソフトを起動させて使用します。操作の際は製図の知識や簡単な図形の知識が必要となります。基本的な知識を持った上でCADを利用すると、手動で製図するよりもはるかに効率的に作業を進めることができます。

CADの修理方法

CADのディスクを入れても駆動しない場合には、ディスクキズ汚れなどがないか確かめて下さい。
ダウンロードしても問題があり使用できない場合には、過去のバージョンでサポートされていないケースもありますので、販売側にご確認ください。