今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
シュミットハンマー

シュミットハンマーの買取

シュミットハンマー買取

シュミットハンマーとは?

シュミットハンマーとは?

コンクリート圧縮強度を測定する代表的な機器であるシュミットハンマーは、1948年にスイスのシュミット(Schmidt)博士によって開発されました。

シュミットハンマー法は打撃コンクリートに与えて返ってくる衝撃によって強度を測るという反発硬度法の一種です。コンクリートの硬度と強度には相関性が見られることからコンクリート硬度の測定によって強度を推定するという手法なので構造物などに損傷を与えることなく検査できる非破壊検査法で、コンクリートだけではなく岩石強度測定でも使用されています。
シュミットハンマー法は構造物を破壊することなく簡単に硬度測定ができるのですが、やや精度が低いので詳細調査を実施する前に予備調査として行われることが多いです。

【シュミットハンマーの利点】
・軽量な機器なので測定が簡単にできる。
・多くの測定を容易に行えるので強度分布測定をすることができる。
・非破壊検査手法なので構造物損傷与えずに測定できる。

【シュミットハンマーの欠点】
・厚みのないコンクリートの場合、正確に測定できないこともある。
・コンクリート表面の粗さや湿度によって測定結果が異なることがある。
・硬度から強度を推定する手法なので、他の測定方法比較するとやや精度が低い

【測定方法】
コンクリートの構造物からコアを採取してコンクリート圧縮強度を測るという方法がありますが、この場合、構造物が損傷したり美観を損なってしまったりなどの問題があります。非破壊検査法のシュミットハンマー法は構造物に損傷を与えずに圧縮強度を測りたいという場合に使用されています。
コンクリートにバネ打撃を与えて返ってくる衝撃を基にして強度を測定するという仕組みなのですが、重力によって大きく影響を受けるので打撃角度の補正をすることが必要です。測定結果の値がばらつくことも多く、1回だけの測定ではなく20回ほど測定しなければなりません。また、何度も測定をするため、ある程度測定点を離す必要もあります。シュミットハンマーによる測定精度は大体±20%といわれています。

シュミットハンマーを高価買取してもらうポイント

シュミットハンマーをなるべく高額で買取ってもらうために、査定依頼をする前に次にあげるポイントについてチェックしておきましょう。

1.付属品・オプションを揃えておく
使用するために不可欠な付属品がない場合、査定価格に大きく影響します。また、購入時に入っていた箱や取扱説明書、オプション品も査定額アップのポイントとなります。査定依頼をする前にしっかりとそろえておきましょう。

2.どんなに大切に使っていてきれいな状態でも年数が経ってしまうと価値は下がります。実用品であるため希少価値が出るということもないので、不要となったらできるだけ早く売却するようにしましょう。

3.本体の汚れなどはキレイに落として、見た目も良くしておきましょう。

シュミットハンマーを買取したお客様の体験談

シュミットハンマーを買取したお客様の体験談

昨年、住宅基礎工事や外構工事を請け負っていた義父が廃業することになりました。買ったばかりでほとんど使っていないシュミットハンマーがあるので、どこか買取ってくれるところはないかと聞かれたのでインターネットで検索したところ、いくつか買取ってくれそうな業者が見つかりました。

ほとんどの業者でネット査定をしてもらえるのということなので、いくつかの業者をピックアップし、シュミットハンマー本体や付属品の写真などを送って査定をしてもらいました。最終的に買取ってもらった業者は中古測量機器の買取専門店の測量機器買取ドットコムでした。

こちらに決めたのは、さすがに専門店だけあって一番高い査定価格を出してくれたことが最大の理由です。予想以上の価格で引き取ってもらえたと義父にもとても喜んでもらえました。他にも色々道具があるそうなので、またお願いしたいそうです。

代表的な製品

プロセク社

 
シュミットハンマーN型:スイスの会社で作られた土木用のN型シュミットハンマーで、強度測定範囲は150~160kg/㎠です。
シュミットコンクリートテストハンマーNR型:反発度が内臓されている記録紙にオートマチックに記録してくれるので、人間で書き取る時に起こる誤差・誤読・ご記録を防ぐことができます。強度測定範囲は10~17N/㎟です。

三洋試験機

 
コンクリートテストシュミットハンマー NSR型:日本製で、自動に記録する機能がついています。強度測定範囲は10~17N/㎟です。

付属品やオプション品

シュミットハンマープラスチックケース、アルミ収納ケース、コンクリートテストハンマー測定箇所シート、記録用紙(ロールペーパー)、カーボランダムストーン、試験成績書、砥石、チョーク、取扱説明書などの付属品やオプション品があります。

シュミットハンマーの使い方

シュミットハンマーの使い方

シュミットハンマー はコンクリートの圧縮強度を説明する為の測定器です。
使い方はコンクリート打撃して、跳ね返ってきた衝撃強度測定します。
コンクリートを何度も打撃したりすると正しい測定ができませんので、ご注意ください。
また、シュミットハンマーを長い間使用していない場合などは劣化がおこり、正しく測定できない場合もあります。なのでまず最初に使う前には測定器などを打撃してシュミットハンマー自体が正しく作動しているかを確認してから使用することをお勧めいたします。

シュミットハンマーの修理方法

シュミットハンマーを長期間にわたって使用していないと、内部のバネなどが劣化して正しく測定ができない場合があります。
この場合には内部のバネの交換が必要となってきます。しかしシュミットハンマーは性格に測定を行うための機械ですので素人が適当に修理するということはお薦めできません。メーカーや専門の修理店でしっかりと修理してもらうことが一番よい方法かと思います。