今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
輕地上標定機 買取
[`yahoo` not found]

2015年10月9日

皆さんは、軍事兵器にはお詳しいでしょうか。 ここをご覧の方々は、測量機器には詳しいとは思われますが、殊、軍事に関してはそれほど詳しい方はおられないかも知れません。

今回、ご紹介したいのは、輕地上標定機という代物。わかりやすく言ってしまうと、戦前に日本で開発された、軍事用の携帯できる測量機器です。主に旧日本陸軍などで使用されていたようです。今でも現存しているものがあり、時折、オークションサイトなどで見受けられる逸品です。

かつての用途は、戦地での測量を手軽に行うこと。レーダーの登場は第二次大戦中ですから、測量や観測は、地形や敵を知る上で今以上に重要でした。そのため、持ち運べるよう、コンパクトに収納もできます。一式を組み立てると、見た目こそ古めかしくレトロですが、今でも目にする測量機器そのもの。

今でも使用できるかは、現存しているものの状態にもよりますが、むしろ、この逸品の現代における価値は実用性以外の他にあります。当然のことながら、今では生産されていない戦前のもの。現存するものが限られている希少価値ある逸品です。 関心を持たれるのは、ミリタリー関係への関心ある方とは限りません。

レトロなものをお求めになる方も関心を持たれるかもしれません。 また、日本における光学機器技術の歴史を証明する逸品であり、歴史的価値もあります。この点に関心を持たれる方もおられるでしょう。 希少性や歴史的価値を持ちながら、個人でも購入可能な価格で取引されうる逸品という側面もあり、前述の通り、オークションなどでは一定の価値を持った逸品となっています。

輕地上標定機をお持ちの方は、そうはおられないとは思いますが、もしもお持ちで手放しても良いという方おられましたら、一度、当社までご相談いただけませんでしょうか。当社では、測量機器をはじめとして、買取のご相談、査定、見積もりを無料で行っております。買取を希望していなくとも、その価値を知るためでも構いません。一度、ご連絡いただけると幸いです。

輕地上標定機