今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測量機器を高く売るコツ

付属品・オプション品をしっかりと揃えておく事

付属品・オプション品をしっかりと揃えておく事

ほとんどの測量機器には、本体以外にも付属品・オプション類が存在をしています。

それらが無ければ、本体のパフォーマンスを100%発揮することは出来ません。

測量機器をお売りになる際は、これらを同梱する事をお忘れにならないようよろしくお願い致します。

付属品・オプション類をしっかりと揃えていただければ、測量機器買取ドットコムもそれに応えられるような金額を提示出来るよう頑張らせていただきます。

また万が一これらを無くしてしまっていても、状態によっては買取を受け付けております。

売れるかどうか確認をしたいという方も、まずは1度当店にご相談をください。

土木などで使用していれば仕方無いが、泥汚れなどは落としておく

測量機器はその機能から、土木作業などの現場によく使用されています。

そのため、泥汚れが付くこともあると思います。

測量機器買取ドットコムでは、そうした泥汚れを事前に落としていただいておくことをお願いしております。

そうした汚れの有無や状態は、査定にも影響を及ぼします。

少しでも高く買い取らせていただくためにも、ご面倒かとは存じますが何卒よろしくお願い致します。

またどうしても取れない汚れがあったり、傷があるという方は1度当店にご相談をください

美品と同じというわけにはいきませんが、出来る限りの金額を提示させていただきます。

校正、検査証がある場合は、有効期限が切れていても付けること

測量機器の校正や、検査に関する証明書

測量機器買取ドットコムでは、売却の際にそれらをお付けくださいますようお願いをしております。

お付けくだされば製品のより正確な情報を把握することが出来ますので、査定金額にもプラスに働くことがあります。

それらの証明書は、有効期限が過ぎていても構いません。

たとえ過ぎていてもある方が査定にも好影響を及ぼしますので、ご面倒かとは存じますがよろしくお願い致します。

また当店では宅配買取を行っており、日本全国どこからのご依頼にも対応をしております。

まずは金額だけ知りたいとう方も、お気軽にご連絡くださいませ。

測量中に本体を倒さない様に最新の注意を払うこと

測量中に本体を倒さない様に最新の注意を払うこと

人気メーカーの製品、発売したばかりの製品、需要の高い製品。

当店では、特にこういった製品に対して高額査定を行っております。

ただいかに人気のある製品でも、傷があったり破損をしている場合はその分査定金額から引かせていただくことになります。

そのためお使いの測量機器をいずれ高く売却したいと考えている方は、本体を倒すなどして破損させてしまわないようお気をつけ願います。

また当店の宅配買取では、事前に無料査定を行っております。

少し破損をしているけどどれくらいの金額になるか知りたいという方も、お気軽にご相談ください。

ケースや本体に名前を書かない事。書いてある場合は売る前に消す事

当店では測量機器の本体やケースに名前が書いている場合は、査定金額を引かせていただいております。

将来的に測量機器を売却する予定があるという方は、直に書くのは控えていただいた方が高く売却をすることが出来ます。

またもしすでに書いてしまったという方も、事前に綺麗に消しておけば特に査定にマイナス影響を与えることはございません。

ご面倒かとは存じますが、少しでも高い金額を提示させていただくためにもよろしくお願い致します。

当店ではインターネットでの買取利用が初めてという方にも、丁寧なサポートを行っております。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡をください。

レンズ部分は必ず日頃から専用クリーナーで掃除する事

測量計器を扱われている方ならば当たり前の事ですが、レンズは測量の心臓にあたるほど重要な部分です。

中古品で購入する方もキズが付いているなど論外で少しの汚れでも気になります。逆を返せば丁寧に扱われた測量計器は中古品であれ、購入希望者が多いと考えられます。

その差が出るのはやはり日頃からの手入れと、機械本体の管理状態でしょう。

そのためにもレンズ部分は必ず日頃から専用クリーナーで掃除して下さい。

工業用ウエスやボロ雑巾の使用は避けて下さい。

繊維の荒い物で強くこするとキズが付く恐れがございますので、くれぐれもご注意下さい。

1台で売るよりは、まとめて売る事

このサイトをご覧になられている方なら何度も目にしているフレーズがあると思います。

それは『単体で売るよりは複数にまとめて売る方が高価買い取りのチャンス!』です。

これはこちら側の理由なのですが、古物商の命綱は安定した商品の供給にあります。

売り物が入荷出来なければ商売が成り立たなくなります。

よって一度に沢山の商品を買い受けさせて頂けるお客様には「今後のお付き合いの可能性も見越した査定額」が付きやすいのです。

そのためにも測量計器の買い換えを検討されている法人様は一括での売却をお願いします。

測量士の教材などもある場合は合わせて付ける事

測量士の教材などもある場合は合わせて付ける事

測量の基本的な作業はどれも同じですが目的にあわせて数種類に分かれております。

それに測量計器が違えば操作手順などで慣れている作業者でも戸惑う事が多々ございます。

当たり前の事ですが作業マニュアルや取り扱い説明書などは紛失されませんようにご注意下さい。

それと合わせまして、測量計器を購入される時に測量士に向けられた教材などが同梱されている機械もございます。

そのような場合はそちらの資料も揃えていただいた方が査定額アップにつながる事もございますので、これらの付属資料などは『こんな初歩的な物いらね~』と、お捨てにならないようにお願い致します。

プリズムに塗料など付いたらシンナーで落とす事。

測量計器は外で使う事がほとんどなので、どうしても汚れやキズが付くのは避けられません。

中古品でも三脚などはキズだらけの物でも多数取り引きされております。

しかしプリズム部分にキズや汚れがある物は買い手が付かずに在庫として積み上がる物が多いですね。

やはり測量計器にとっての心臓部なので中古品を買われる方々も慎重になるのでしょう。

そんな事を避ける為にもプリズムカバーを付けている機械を良く目にしますが、不幸にもプリズム部分に塗料などが付いてしまったら、シンナーなどで落としてから売却される事をお勧めします。

売る前に測量機器を下手に弄らない事

いままで現役で計測していた測量機器をご売却する場合、あまり弄らない方がよろしいかと存じます。知識のある方ならば扱いに慣れているでしょうが、現場で実際に作業されている方以外が売却に立ち会うケースが多いのが実情です。

(事務員の方や営業担当者など)これ等の方々は普段使用していないので機械に関する詳しい話も分からない事が多く、ケースから出すだけでも、おぼつかない手つきで危なっかしい事この上ない事が目に付きます。

知識のある方ならご存知でしょうが、機械に不慣れな方が対応される場合には予めお申し出下さい。