今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
測量方法
[`yahoo` not found]

測量方法

測量方法

測量とは地球上のある位置の規模を測る方式で、地球上にある場所の関係位置を決めるために、測量が行なわれています。

測量の目的は地図の作成や土地の状況調査など様々なケースが考えられます。

日本で基本測量や公共測量を行なう場合には、資格を取得した測量業者が行なう必要があるので、測量士や測量士補が従事しなければならず、登記目的の場合には土地家屋調査士が行なわなければなりません。

測量は古代エジプトの時代から行なわれてきたといわれていますが、日本では1800年に伊能忠敬が日本地図作成の際に現在の北海道で測量を行なったのが始まりだと考えられています。

測量の種類は三角測量、多角測量、三辺測量、GNSS測量、水準測量があります。

三角測量は位置や高さを求める必要がある場合に行われて、片方にトランシットを設置して、もう片方には目標となる棒を立ててトランシットから目視して角度を調べます。基準点と測点間の視野を確保する必要があり、障害物があれば三角測量は測点が多くなるので時間がかかります。

多角測量とは位置や高さを求める測量で、測点間は三角測量と同様に測定を行ないます。

基準点からA、B、Cというように測点を結んでいき、測量区域を多角形で表示してそれぞれ辺の長さや角度で測量を行ないます。

その多角形により辺が最終的に基準点に戻って閉じた状態なら閉合トラバース、基準点に戻らず開放された状態なら開放トラバース、三角など精度の高い二つの基準点を結んでいたら結合トラバースといいます。

この場合結合トラバース、閉合トラバース、の順に精度が高く、開放トラバースは精度が低くてあまり使用されません。

三辺測量は3つの測点で描かれた三角形の距離を調べて測量します。光波測距儀により精度の高い測量が可能です。

GNSS測量はその名前の通りGNSSを利用して測量されるもので、時間や人手は少なくて住みますが、機器のコストは高くなります。

水準測量は高さを求める測量で、2測点の間に標尺を設置して、レベルでの測定を繰り返してそれぞれ高さを算出します。

このように測量する環境や測量機器などによりその場所に合った測量方法で行うことになります。

基本的な測量方法は今も昔もほとんど同じでありますが、現在測量機器は精度が高く高機能な様々なタイプが販売されていて、測量事務所や設計事務所では必要に応じて適切な測量機器を使用することによって、正確で誤差の少ない測量が行なわれています。

>>測量方法について詳しく!