今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
建設現場で大活躍の測量機器。定期メンテナンスの方法。

建設現場で大活躍の測量機器。定期メンテナンスの方法。

建設現場 測量機器 定期メンテナンス 方法。

測量機器の定期メンテナンス方法とメンテナンス料金の相場について

建設現場で大きな役目を果たしてくれる測量機器には日本測量機器工業会の規格により、1年以内に校正をするよう推奨されていると言われています。それは、トータルステーションやオートレベルやセオドライトやレーザー測量機というあらゆる測量機器に共通する点であるとされています。
場合によっては、2~3年に一度と決まっている場合もあると言われていますが、JSIMAにより1年以内が相応しいと言えます。定期的なメンテナンスを行わないと測量機器は劣化してしまい、急に作動しなくなってしまう恐れがあります。
また、定期的なメンテナンスを行わないと機械が正常に操作しなくなってしまう為、定期的にメンテナンスを行う必要性があると考えられます。

某会社を例に挙げると、トータルステーションの測量器の場合は、最初に点検を行います。そこで、測量機器が正常に作動するかどうかを確認します。点検が終了次第、今度は、校正を行います。
校正作業が終わると、校正証明書を発行し、次回にメンテナンスを行う日が書いてある部分に校正済のシールを貼ります。

定期メンテナンスとは?

定期メンテナンスとは、測定器が効率よく使用し続けることが出来るようにする為に掃除や整備や保守点検や消耗品の交換をして、突然の機械の故障を予防することを目的としています。
定期メンテナンスには豊富な経験を持ち、研修を受けた技術者が品質向上を目指して、測量器のメンテナンスを行います。

主なメンテナンス部分について

メンテナンスの基本としては、清掃と点検と調整とのいくつかの区分に分かれているようです。まず、各動作部の点検、コリメーター、水平精度、レーザー出力、距離精度、気泡管の点検や調査、外観やケースの清掃などが挙げられます。

また、測量機器の内部の部品を分解する部品の交換において、内部の分解が必要な際には、コネクターやスイッチやキーボードや横軸部や自動補正部や合焦部や距離系の部品による交換が必要です。また、内部の光学系の清掃を行います。

測量機器の扱い方を良く知っている方でが個人で定期メンテナンスを行うことは、難しいと思われます。そこで、測量機器の専門のスタッフが定期的なメンテナンスを行います。

定期メンテナンスの相場

定期メンテナンスには、総合レーザーや一般測量器やトータルステーションと分野によって、点検費用が異なります。
ある会社を例に挙げていきますと、トータルステーションの場合は3万円、オートレベルやセオドライトの場合は1万円以上、レーザーセオドライトの場合には2万5千円以上かかります。